純正軽量コンロット

A+1300 純正軽量コンロット

約660gを477gまで軽量化

何十本も手で削ってきたからこそ見えてきたデザインを活かした
NC加工品



軽さと強度を両立させたデザイン。

DSC_0180.jpg


DSC_0181.jpg



次期コンプリートエンジンに投入予定。


コンプリートエンジンのコンセプトは現代車のような走行フューリングを得られる
一言で表現するならストリートスペシャル。

気持ちの良い加速と高い耐久性能を持ち合わせたA+1300エンジンを目指しますm(__)m


スポンサーサイト

バルブガイドクリアランス

今回はバルブガイドクリアランスに関して
今日までに分かった事をお伝えさせて頂きます。

ローバーミニの修理書によると
ガイド内径はIN・EX共に7.14が新車時の基準値
ステム径は記載が無い為今までの
実測データになりますが
IN7.09~7.10
EX7.07~7.08

よってクリアランスは
IN0.04~0.05
EX0.07~0.08


このクリアランスを初めて知った時は正直広すぎると
感じました。
それから徐々にクリアランスを小さくしていくテストを
ステムが焼付くまで行ってきました。

このお陰で判った安全クリアランスは
残念ですがお伝えできません。
かっこよくまとめるなら企業秘密と言えば済むのですが。
実際のところ確定できない理由があるのです。
それは使用するガイドとバルブの種類がいつも決まっているわけでは
ない為です。
要は材質により熱膨張率が違うという単純な話です。

とはいっても純正のクリアランスはマージンを
大きくとっていると感じます。
日本車の場合でもR32GTRのRBエンジンは新車時のクリアランスは
かなりのマージンと取っていましてエキゾーストに関しては
0.10近くある場合も。
ターボだから多めに取っている?
いいえ。。今日ではニスモのコンプリートエンジンでは
MINIのインテーククリアランスより狭いです。

これを実現させる為に必要な大きな要素は
ガイドの材質とシートカットの精度です。

ガイドの良し悪しは見た目での判断難しいです。
でも1つ言えるとしたら
良い材料をシッカリとした製法で仕上げた物は
当然ですが原価も高いと分かりました。。しかし
仮に性能が高いチューニングヘッドを従来より
1.何倍~数倍?(例えば)長い距離を使用出来るとしたら
私は凄く良い事で結果的に得をすると思います。





これを実現する為には信頼ができる(私としては)
日本国内でガイドを作る必要がありました。

ちなみに↓こちらはなんとベリリュウム
DSC_0042 -500
ベリリュウムと言っても合金であって様々な用途により
金属の配合割合も様々です。

こちらのベリリュウム材は国内フォーミュラーレースエンジン用で
多く使われている物で、過酷な条件下で最適な強度や放熱性を
何種類ものベリリュウム合金をテストした結果得られたものです。


ちなみに当社のテスト(レース)
状況ですが
ベリリュウム+ステンレススチール
鉄ヘッドで
IN0.02
EX0.04
アルミヘッドで
IN0.02
EX0.03
まで可能になっています。(いずれもNAエンジン)


先にも書きましたがこのクリアランスをクリアする為には
精度の高いシートカットが必要になります。
最も重要な部分としてシートとガイドのセンターのズレが
限りなく0であること。この為に当社はマシニングによる
シートカットを推奨させて頂いています。

次にエキゾーストに関しましてはシート部分からの放熱が
重要になりますのでシート全周が均一に当たる事も大切。
この為にはシート面の高さが当然均一である必要があります。
これに関してもマシニング加工だからこそ出せるレベルが
ございます。
ここの加工精度が良いとシートの当たり幅を狭く出来るようになり
気密性が上がるのと、サージングのリスクも減る方向に
なります。

サージング繋がりで
ガイドクリアランスが小さいと
こちらもサージングのリスクが減ります。

このようにガイドクリアランが広いと良いことはありません。

できる限り狭い中で使用できるヘッドを仕上げたいと考えています。

写真はベリリュウムガイドになりますが、
ベリリュウムの他にリン青銅とスチール製も準備予定です。

全て日本で煉るところから製造された材料を使用します。

全ての商品が出揃うまでは少し時間がかかりそうですが
出来次第ご報告致します。


当社でヘッドオーバーホールを依頼して頂くお客様へは
当社オリジナルガイドを使用することで
耐久性の高いヘッドを目指します。








商品のご案内

リビルトミッションの在庫が充実したのでご案内させて頂きます。

商品ページ


(業者様向けの販売も行っていますのでお気軽にお問合せ下さい)





次に程度の良い中古チューニングヘッドが入荷したのでご案内させて頂きます。

DSC_0069.jpg

商品ページ






ご検討お願い致しますm(__)m

委託販売車両と新製品のご案内です。

先ずは委託販売車両のご紹介です。

こちらは見た目の可愛さを裏切る?7ポートフルコン仕様の4MTのMINIになります。


こちらのオーナーさまMINIを降りるのではなく
新たなMINIを制作するプロジェクトがあるためこちらのMINIを売却する
ことにしました。

7ポート仕様は当社で行いましたので機関&制御系の
アフターフォローは万全で行えます。

車検2年付きでの販売になりますのでご興味のある方は商品ページを
御覧ください。

商品ページ





次に新製品のご案内です。


IMG_20180418_111708.jpg



アメリカ製
COMETICガスケットの
取り扱いを始めました。

MINI用の
COMETICガスケットといえば
主にメタルヘッドガスケットが
流通していて、
イギリスでもミニスペアーズ等で
取り扱いをしています。

今回、あるチューニング業界の方からの
ご紹介でコメテックジャパンさまと
お取引をさせて頂く事になりました。

カタログにあるガスケットの取り扱いは
もちろんですが、どうせなら今まで
無かったガスケットをオリジナル商品として
販売したいという考えがあり
それを叶えて頂きました。

その第一弾のガスケットが

サーモガスケットです。

このガスケットの特徴は

アルミのプレートにニトリルゴムをコーティングした
構造であることです。

目的はいくつかございます。
先ず、作業時液体ガスケットを塗る方法で作業していた
場合、その作業が必要なくなります。
作業を行う者にとってこの差は非常に大きく
特にサーモハウジングとエンジン振れ止めを
共締めする車両に関しては脱着を繰り返す
ケースが多くあります。
この作業をしたメカニックでしたらこのガスケットの
必要性を感じて頂けると思います。

もう一つの目的は
エンジン振れ止めの固定がシッカリして
振動をキッチリ受け止める事が可能になります。
標準のガスケットでも硬くシッカリしたものがあり
十分という考えもございますが、
より硬いものであれば更に
良い事だとイメージしていただけるかと思います。

このタイプのガスケットは
既にハーレー(特にヴィンテージハーレー)の世界では
多く使用され性能は折り紙付きです。

このタイプのガスケットを
COMETICではAFM(Aluminum Foam Materiai)
シリーズと謳っています。

今回のサーモガスケット以外にも
AFMシリーズのガスケットの準備を
考えていますのでまたご紹介させて頂きます。

またAFM意外でも面白いガスケットを制作して
いただいていますので、こちらも出来上がり次第
ご紹介致します。


メーカーサイト

AFMサーモガスケット 定価¥800(税別)

IMG_20180418_105652.jpg



IMG_20180418_105721.jpg



ご購入お待ちしておりますm(__)m


ショピングページ

最近の作業

最近の作業をご紹介させて頂きますm(__)m


■1300キャブ用チューニングエンジン組み立て

・当時のSクランクにワンオフピストンを組み合わせた仕様になります。

■998用チューニングヘッド製作
IMG_20180313_162230.jpg
・最近見えてきたターンフロー5ポートの空気の流れ。。さらに良くなるイメージで製作
中間域の充填効率アップを狙いましたが、狙い通りの結果が得られました。


■998ヘッド標準OH
IMG_20180323_112324.jpg
・表向きは無くなってしまったメニュー【燃焼室クリーニング】を行いました。


この他にもエンジンの重整備関係を多く抱えている状況です。
このお陰でデーターも増えていますが、
より良くするためのパーツが欲しくなる事も何故か増えます(^^;

実はこの気持ちを満足させるパーツの準備も
コツコツと進めております。

準備が出来次第ご紹介致しますm(__)m







USED MINI
Mk1スタイルフルコン7PortMINI
画像の説明文
SVお勧め商品
■SFR(フューエルレギュレーター)

■1.3I加工インマニ

■1.3Iリビルトマニ

↓ハイフローインジェクターボディー↓ 画像の説明文

↓コメテックガスケット↓ コメテックガスケット

商品(中古&新品)
■中古パーツ

■中古車

イベント情報

主にサーキットイベントの紹介になります。
詳細はコチラ

リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
お問い合わせ