ハイドロ用ディスプレッサー

今日ハイドロ用ディスプレッサーの点検作業があり
ディスプレッサーの事を色々と調べていくうちに
硬さに種類かある事を知りました。

でどこで硬さを変えてるんだ?と疑問に思ってしまったのですが
その疑問は単体点検の時に解りました。(おそらくですが

硬さを決めている部分はたぶんホースが繋がる下側の
ゴム質の部分で画像でいう上面部分
付け加えるとナックルジョイントが付く反対側です。
ここのゴム自体の剛性を変えることで圧力の逃げ具合を変えて
いるんだ!というのを今回の点検時に感じました

単体点検で圧力を加えていった時
ディスプレッサー上側の部分も変形することを目の当たりにして
なるほど!
ここがクッションの大きな役目を果たしているのね、
と感じました。
個人的には非常に新鮮だったので思わず記事にした次第ですw

↓圧を加える前の状態
tatu1129.jpg
↓加圧していくと
tatu1131.jpg
↓ここまで変形
tatu1130.jpg
↑車重が掛かっていない状態でここまで変形するのが個人的には驚きでした。


↓変化の具合が解り易いので動画も加えてみましたw
これは圧が減っていく様子です。
[広告] VPS




ここの部分の変化の大きさには驚いたのですが
実はここまで変化が大きいのはやはり異常だったようです。
同じ品番でも正常なものは1/3程度の変化でした。


ここで硬さを制御できるのであれば・・・アレをワンオフして・・・
とか、
また余計な妄想をしてしまったのですが、
ハイドロサスを愛する方からは叱られてしまいそうなので、
我慢したいと思います




スポンサーサイト
USED MINI
Mk1スタイルフルコン7PortMINI
画像の説明文
SVお勧め商品
■SFR(フューエルレギュレーター)

■1.3I加工インマニ

■1.3Iリビルトマニ

↓ハイフローインジェクターボディー↓ 画像の説明文

↓コメテックガスケット↓ コメテックガスケット

商品(中古&新品)
■中古パーツ

■中古車

イベント情報

主にサーキットイベントの紹介になります。
詳細はコチラ

リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
お問い合わせ